そもそもお墓とは~その歴史から紐解く

色々調べてみますとお葬式は仏教につきものではないようです。
南都六宗といわれる、三論宗、成実宗、法相宗、倶舎宗、律宗、華厳宗はお葬式を今でもしないそうです。

本来仏教は死者供養をしなかったようですが儒教の影響を受けて死者供養とつながっていったようです。

また、浄土真宗の熱心な信者の方々は自分たちのお墓をつくらずに本山納骨といっていわゆる永代供養の合葬墓のようなところに納骨することも多いようです。

そうすると何故、お葬式やお墓は仏教ではなかば当然、常識化していったのでしょうか?

これには江戸時代のキリスト教の弾圧が大きく影響しているようです。
地域の人すべてをお寺に登録させてキリシタンがいないかどうかチェックするわけですね。いわゆる檀家制度の始まりです。
そしてお葬式をさせることによってキリスト教徒かどうかさらにチェック。言わば踏み絵です。

戒名というものは仏教徒になった証として授かる名前ですが、これを死者につけますよね。
つまりもともと仏教徒でなかった人に死んでから戒名を授けて出家させているんです。
お経を読むのも遺族の人たちにではなく亡くなった人へ説いている。

なんとも変な話ですよね。

仏教で言うお葬式というのはある意味ないようなものですね。少なくとも宗教的な意味合いでお葬式をしなければいけないものではないということが言えます。
勿論遺族の方や、友人知人の方たちが故人を偲んでお別れするという意味でのお葬式はまた別ですが。

ではお墓はどうでしょう?古墳のようなものは昔からありますがあれは力のあった人たちのもので庶民のお墓が昔からあったのでしょうか?
例えば自分の先祖のお墓はどうですか?数百年も前からお墓が先祖代々連綿と続いているところはほとんどないでしょう。一部の権力者は別として。

この先祖代々のお墓という観念は実は日本のイエ制度、長男がそのイエを継ぐという制度からきているようです。
明治期に民法があらたに制定され長男がその家の祭祀を承継するという制度の中で家族もあわせて一緒のお墓で祀る形になっていったようです。
そもそもお墓自体は個人、個人のお墓、もしくは夫婦のお墓が主流だったわけです。

また両墓制という習俗があるそうで、これは死体を埋葬した場所に供養の為のお墓をたて、別の場所にお墓参りの為のお墓をもうけるそうです。
屋敷墓といわれる屋敷の中に埋葬してお墓をつくる形態もあったようです。

永代供養に見られる合祀されるタイプのものはお墓の承継者がいないとか、無縁仏などの理由で仕方なく選択するようなイメージが多かれ少なかれあるようですが、実は昔からあるようで一族全員が同じお墓に入るタイプや一つの村が一つのお墓を共有するということもあったようです。

いずれにしてもお墓といっても様々な形態があるわけですが、今のようなイエのお墓を守っていくタイプは宗教的な意味合いではなく日本の法制度的な意味合いでなされたのが発端であるということが言えます。

PAGE TOP ↑