お墓・遺骨の移動、引っ越しをする事になった経緯

公開日:  最終更新日:2016/01/11

先日父親のお墓の引越しをしました。お墓というか遺骨ですね。
遺骨を永代供養をしてくれるお寺併設の霊園のようなところに移しました。お墓そのものは集合墓みたいになっています。
毎年の年間管理料なども不要でした。なぜわざわざ遺骨を移動したのか?その経緯をお話しておきましょう。

父が亡くなったのは20年以上前だったので何故今頃引越しをしたのかというと、父は長男で先祖代々のお墓を継いでいたわけですが(すでに父の両親は他界)、父が亡くなると当然その先祖代々のお墓に入るのが普通ですよね。
そして、そのお墓を継承するのは長男である私になるのですが、親戚の方たちとの話し合いで私、そして母親もこのお墓をみないことにしました。

なぜかというとこの家は以前から色々と問題が多かったので母親もあまり親戚づきあい自体したくないような感じで、当時私はまだ10代でしたのであまりよく考えずにお墓を承継しないことに決めました。

ただ、父のお骨は先祖代々のお墓に入れてもらうことにしたのです。なんか虫のいい話ですけど(笑)

では、先祖代々のお墓を継ぐのは誰にするのか?ということで父の弟さんがみることになりました。

ただそれから20年以上もたつと父の弟さんも亡くなりお墓を継ぐ人がいなくなったわけです。

お寺とすればお墓をどうするか?ということで母に色々と話があったようです。

お寺には毎年護持会費というものを3万円近く払っていましたが、お墓を持っていないということなのか正式な檀家としてみてはもらっていないような感じでしたね。墓地自体は空きがあるからそこに別途お墓を建てないか?みたいなことも言われていたようです。

毎年毎年3万円近くも払っているということは70万円程度もお寺にお布施していることになりますね。

どうせお墓を別に建てるならこのお寺じゃなくても構わないですし、他に安いところがあればそこでいいですしね。

そういった経緯もありいっその事遺骨を移動しようということになったわけです。

この点、お墓を持っていないので逆に楽ですよね。お墓を持っていたら墓地を更地にして返す必要がありますのでかなりの費用がかかります。

簡単にお墓を引っ越しするとかできません。

改装許可の手続き 必要書類

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑